猫の飼い方【はじめて猫を迎える日】

ここでは、はじめて猫を迎える日の過ごし方についてご紹介します。

猫を飼う前に知っておくと良いことや、事前に用意する物については、以下の記事をご覧ください。
猫の飼い方【事前準備】

家に連れてくるまで

「猫は家につく」という言葉もあるとおり、猫は変化を嫌う生き物です。

さらに、大きな音や、予測不可能な動きをする物も嫌いなので、注意していきましょう。

住み慣れた家から連れ出す時は、なるべく静かに移動することを心がけたいです。

話しかけたり、触ったりせず、そっと見守っておきましょう。

初日の過ごし方

家に着いてからも基本的には移動中と同じで、猫が新しい環境に慣れるまでは、そっと見守っておきましょう。

キャリーバッグからの出し方

まずはキャリーバッグを開けて、猫が自分から出てくるのを待ちましょう。

警戒心が強い子の場合、なかなか出てこないかもしれませんが、じっと待ちます。

室内を散策させる

キャリーバッグから出てきたら、猫の気がすむまで周囲を散策させましょう。

おもちゃで遊んだり、抱きかかえたりするのはまだ早いです。

たまに物陰から隠れて出てこなくなる子もいますが、出てくるまで好きにさせた方がいいと思います。

我が家の場合は、数時間クローゼットに隠れたまま出てきませんでした。

しつけについて

猫が新しい環境に慣れるまで、しつけは最小限にとどめましょう。

トイレの場所を教える

ソワソワしたり、床を嗅いだり、前足で土をかくような動作をしたりしていたら、トイレの場所まで誘導しましょう。

トイレを認識させる

猫は比較的簡単にトイレの場所を覚えてくれます。

以前から使っている形のトイレと、砂があればなお良いでしょう。

掃除をかかさずに

猫は綺麗好きなので、トイレは清潔に保ちましょう。

汚れたままにしておくと、別の場所をトイレにするようになってしまいます。

まとめ

せっかく猫を飼っても、しばらくは思うように遊べない日々が続きます。

安心できる家や、人であることが分かれば猫の方から寄ってくるようになるので、しばらくは我慢しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください