旅行中に猫を留守番させる3つの方法

ペットを飼っていると旅行や出張の際にとても困ります。

今回は、旅行中に猫を留守番させる3つの方法を考えてみました。

猫だけで過ごせるのは1泊2日が限度だと思います。
十分な水と食料、予備のトイレは最低限用意しましょう。

友達や家族に預ける

もし猫に慣れた友達や家族がいるのであれば、その人にお世話をお願いするのも一つの手です。

ただ他の方法と違って、預ける相手がプロではないので、トラブルが起きた場合の対処についてはよく話し合っておきましょう。

できれば1日に1回、フードと水の入れ替え、トイレ掃除と猫の健康状態のチェックをしてもらいましょう。

病気や怪我をしてしまった時の対処について

最寄りの動物病院の場所や、ペット保険の有無、アレルギー、予防接種の状況などは事前に伝えておきましょう。

ペットホテルを利用する

ペットホテルのほか、動物病院やペットの美容室でも預かってくれるところがあります。

ペットホテルを利用する場合は、事前に環境を確認しておいた方がいいと思います。

場合によっては、一日中狭いケージの中で過ごすことになるかもしれません。

また、猫は環境が変わるのを嫌う性格の子が多いので、長い時間預けるとストレスが溜まってしまうので注意したいです。

キャットシッターを利用する

キャットシッターさんに家の鍵を預け、旅行中にお世話をしてもらいます。

フードと水の入れ替え以外にも、ブラッシングや、簡単な掃除など色々と事前にお願いしておくことができます。

値段はまちまちですが、30分で2500円ぐらいからあります。

家の鍵を渡すことになるので、口コミや評判などは調べておきたいです。

まとめ

旅行中に猫を留守番させる3つの方法でした。

猫にとっては、住み慣れた家で留守番するのが一番ストレスにならない方法だと思います。

個人的には、トラブル対応にも慣れているキャットシッターさんにお願いするのがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください