【ぽてとで学ぶ】メインクーンの特徴:横顔編

メインクーンの特徴について、ぽてとくんの写真を使って学んでいくコーナーです。

記念すべき第1回は『横顔』です!(ちなみに第2回の予定は未定です…)

さて、メインクーンの横顔にはいくつかの特徴があるようです。

以下は、wikipediaからの引用です。

メインクーンの耳は大きく、根元が幅広、頭の高い位置にあり、中にタフト(Tuft=房毛)が豊富に付き、先端にリンクスティップス(Lynx Tips=リンクスの耳先の飾り毛)がある。
〜中略〜
横顔には、鼻筋にジェントルカーブと呼ばれる緩やかで、流線的な窪みが見られる。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典
最終更新日時:2017年08月13日 (日) 01:56
https://ja.wikipedia.org/wiki/メインクーン

それでは各特徴について、ぽてとくんの写真と比較していきます。

  1. 耳の大きさ、形
    耳は大きくて、幅広ですね。
  2. 耳の中のタフト(房毛)
    耳の中にフサフサした毛があります。
  3. 耳の先端にリンクスティップス(飾り毛)
    ギリギリ…ある…?
    少なめかつ、短めではありますが、飾り毛らしきものは存在します。
  4. 鼻筋のジェントルカーブ(緩やかで、流線的な窪み)
    ちょっとだけ窪みがあるように見えます。

ということで、ぽてとくんの横顔でした。

メインクーン以外の猫種と比べて見ると結構はっきりとした違いがあります。

参考までに、ぽろぽろ(オリエンタルショートヘア)の横顔写真を貼って、今回のコーナーを終わろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です